理事長挨拶

理事長挨拶

中谷 敏

大阪大学大学院医学系研究科 機能診断科学講座
中谷 敏

このたび第6代理事長に就任いたしました中谷 敏です。一言ご挨拶申し上げます。日本心エコー図学会は1989年11月に設立された日本心エコー図研究会を母体とする26年の歴史を持つ学術団体です。第一回学術集会は1990年5月に開催されましたが、これはアメリカ心エコー図学会(ASE)第一回学術集会より一ヶ月早いものでした。当時、ASEの学術集会が6月に行われるということを聞きつけた先生方が、何としてもそれに先んじようとして5月に開催されたとお聞きしています。心エコー図学は日本から発展してきたのだという先人達の熱意と自負を感じます。それを引き継ぐ私たちはこれからも世界に伍して心エコー図学の発展に貢献し、臨床レベルの向上に尽力していかなければなりません。今後の日本心エコー図学会の在り方として、私は国内と国外の二つの観点から考えていく必要があると考えています。以下に、二つに分けて記します。

国内での日本心エコー図学会の在り方

私たちは患者さんのために日夜診療をしています。それでは患者さんの立場からみて心エコー図検査に求められているものは何でしょうか。質が高く、信頼のおける検査が日本のどこでも受けられるということではないでしょうか。そのためには高い技術力だけではなく心エコー図についての正しい知識、病態に対する理解と検査所見の正しい解釈をできる人材が広く求められます。私たちは学術集会や各種講習会などあらゆる機会を利用してこのような人材の育成、教育に力を注ぎ、良質な医療の均てん化に貢献したいと考えています。特に実際に患者さんを診療しながらも、自らの手で心エコー図検査をすることのほとんどない若手の医師には、是非心エコー図学に興味を持っていただきたいし、そのために基礎から学べる仕組み作りを考えていきたいと思っています。また、臨床レベルの向上のためには研究が欠かせません。臨床上の疑問を解決するには研究が必要ですし、よい研究を行うことは必ず臨床の役に立ちます。すなわち患者さんの役に立つのです。私たちは心エコー図学研究も大いに奨励したいと考えています。特に若手の医師、技師の研究を盛り上げていきたいと思っています。そのために役立つのが学術集会です。各人の研究成果を持ち寄り、徹底的に議論を尽くしてよりよいものにしていく。これが学術集会の役割です。さらに研究は論文の形にして残さなければなりません。どんなにすばらしい研究でも論文にしなければいずれ消え去っていきます。皆さんが見つけたこと、考えたことを広く共有するということは患者さんを診療している皆さんの義務とも言えるのではないでしょうか。日本心エコー図学会にはJournal of Echocardiographyという学会誌があります。是非利用してください。

国外での日本心エコー図学会の在り方

グローバリゼーションが猛スピードで展開しつつある昨今、私たちは国内に閉じこもってばかりではいられません。今までは諸先輩方の努力の結果、わが国の心エコー図学は世界でも一目置かれる存在でありました。しかしこれからは積極的に海外に出て行き、日本心エコー図学会の成果を発表していかなければならないと考えています。最近、ASEもヨーロッパ心エコー図学会(EuroEcho)も海外学会との連携を積極的に図っています。これはおそらくはアメリカ一国またはヨーロッパだけの学会では学問的にも学会運営的にもさらなる発展が望めないと考えているからだと思います。日本心エコー図学会は、海外学会との連携を密にしながらも、それに取り込まれることなく独自のプレゼンスを発揮し続ける学会でありたいと思います。そのためにはどうすればいいでしょうか。やはり研究がものを言うのではないかと考えています。日本からの研究発表、論文発表は、私たち日本心エコー図学会のアイデンティティを確かなものにする最善の方法と信じています。学会員の皆さんにおかれましては海外学会にもどんどん進出してください。海外でいろいろな人と交流して友達をたくさん作ってください。そして論文も発表してください。私たちは海外留学助成制度、海外学会発表優秀論文賞などの仕組みを利用してそのような方々を応援していきます。若手の先生方の研究もEcho U-40 Clubを利用して支援していきます。

私は“Think Globally, Act Locally”を念頭に、日本心エコー図学会が国内外で独自のプレゼンスを発揮でき、かつ会員の皆さんにはフレンドリーで役に立つ“強く優しい”学会となるように、全力を尽くして頑張りたいと思います。そのためには一般社団法人日本心エコー図学会会員および賛助会員の皆さんのご協力が必要不可欠です。どうぞよろしくお願いいたします。

2016年2月

ページトップ

一般社団法人日本心エコー図学会事務局
〒532-0003 大阪市淀川区宮原4丁目3-12 明幸ビル5F
TEL: 06-4305-7085 FAX: 06-4305-7087 e-mail: office[あ]jse[ど]gr[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

事務取扱時間:月~金 午前9時30分~午後5時
事務局休業日:土・日・祝日、講習会後の月曜日